読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

集合場所は本屋です

誰かに伝えたい、読んだ漫画・本についてまとめます

今の自分が未来の自分を励ませる ジェーン・スー/ナナトエリ 未中年~四十路から先、思い描いたことがなかったもので。~

「40にして不惑」って本当かしらとよく思います。

今、周囲の40代の人たちは、私が10代、20代の時に考えていた
40代とは異なり若々しく行動力があって、
ファッションも30代の時とあまり変わらない人もいます。

10〜20年前は普通だった、「結婚していて子育て中の人」が
普通ではなくなり独身の人もいれば既婚で子がいない夫婦もいる。

ここ10年でぐっと多様化してきた(多様化が認められてきた)世代、
それが40代なのではないでしょうか。

30代は元々変化が多い世代だし、30代のロールモデルは世の中にたくさんあるけれど
まだその先の40代のロールモデルがない。あっても、少ない。

そんなことをぼんやり考えていた時!
こちらの本を見つけました。

ジェーン・スーさんといえば、
「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」が
うむむとうなるような鋭くて笑えるエッセイがとても面白かったです。
そのジェーン・スーさんが原作で
40代以降をどう生きるか葛藤する主人公を描いた漫画
「未中年~四十路から先、思い描いたことがなかったもので。~」、
見つけてすぐ読みました。

主人公が、30代とは違う、40代ならではの体の悩み、人間関係の悩み、
仕事の悩みを抱えていて読んでいて少し苦しくなる時もありましたが、
一つ一つ、小さいけれど地道な努力でそれを解決に向けていく後半は
とても励まされました。
ハッピーエンド?だし、元気のない時に読み返したいようなお話。

そして、今30代が心に留めておこうと思ったのは、
「40代の自分を後押ししてくれるのはそれまでの自分自身の頑張りも大きい」
ということでした。
30代で頑張った仕事の知識、スキルが40代の自分の仕事を助けてくれる。
落ち込んだときに愚痴を聞いてくれるのは、昔からの友人。
40代から新しいことを始めることはもちろんできるし、
そういうエピソードもあるけれど、それだけではなくて
やっぱりいつの自分も過去の自分の延長線上にいるんだようなあ、と認識したのです。

前向きになれるけれど、身が引き締まる、そんな本でした。
おすすめです!